五センスのご紹介

わたしの体験

 20代の頃、命にかかわるほどの大事故をしました。気づいたら、からだの右側半分に自分が乗っていた四駆の車がのっている…!!!
 奇跡的に命は助かりましたが、からだの損傷は、骨が自然に繋がるまで身動きがとれない状態。排泄も自分で出来ないなど、今まで自分で何気なくしていた生活が一変。入院生活を余儀なくされました。


 その中で骨が折れただけで、からだだけでなくこころにも大きい変化があることに気づきました。
 今考えただけでもぞっとする、母に発した言葉や態度はとても酷く、マイナスな事ばかりでした。そんなことを言うわたし自身が疲れてしまい、誰とも会いたくない・・・でも、寂しい気持ちが右往左往するという身勝手な行動をとっていました。からだもめちゃくちゃだけど、こころもめちゃくちゃになり、いっそのこと、ひと思いに楽にして欲しいとも思いました。
 それは、突然私の元に訪れたのです。


 からだやこころだけでなく、この空気感やご縁や運、自然治癒力ってあるんだぁ~とか、不思議な感覚や体験をしてわかったことがあります。 今、その経験から得た実体験をもとに人とのご縁を大切に、からだやこころに携わることに何かお手伝いをしたいと決心し、五センスを設立。現在は「季節、自然の環境に合わせた心地よい生活、空間づくり」をコンセプトに活動中。
 皆さまが自己の身体からのSOSを知り、診る・聴く・嗅ぐ・触れ・味わうを日常生活に未病対策として取り入れて、こころとからだを健康に導く

ED197383-408C-4B0C-B0AD-39658EB23947[1].jpeg

代表 原園 瑞代(はらぞの みずよ)

 大事故から奇跡的な回復をした経験の過程の中で、本来持っている自然治癒力や五感の重要性などを学ぶ。


 これらの経験から学んだ事を活かし、お一人おひとりのからだの声を聞き、最善の方法を見つけるお手伝いをしています。